コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パパドプーロス Papadopoulos, Georgios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パパドプーロス
Papadopoulos, Georgios

[生]1919.5.5. ギリシア,アカイア,エレコリオン
[没]1999.6.27. ギリシア,アテネ
ギリシアの軍人,政治家。陸軍士官学校卒業。第2次世界大戦中はイタリア・ドイツ占領軍に対する抵抗運動に参加。陸軍砲兵大佐であった 1967年4月,政局の混乱と左派の進出を危惧,他の高級将校とともにクーデターを敢行。当初 K.コリアス政権の陰の実力者としてふるまっていたが,同年 12月国王コンスタンティノス2世が起した逆クーデターを失敗させたあと首相兼国防相に就任。 71年8月いったん総辞職したあと再度首相および外相,国防相に就任,72年3月から摂政も兼ねた。 73年6月君主制を廃止し,同年8月大統領に就任。軍事政権下ではきびしい政治弾圧を行いアメリカ,ヨーロッパ共同体 EC諸国から非難された。 73年 10月成立した文民政府のもとで徐々に自由化政策をとったが,同年 11月5日反政府デモが高まり,11月 25日軍のクーデターにより逮捕された。同年 12月ギリシアは共和政に復帰。 75年8月アテネ高等裁判所で国家反逆罪で死刑の判決を受けたが,その後終身刑に減刑された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パパドプーロスの関連キーワードギリシア・クーデター5月5日

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パパドプーロスの関連情報