コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラクリスタリン岩 パラクリスタリンがん paracrystalline rock

1件 の用語解説(パラクリスタリン岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

パラクリスタリン岩

固体状態で再結晶した堆積岩または火成岩(Loewinson Lessing : 1911].パラクリスタリン(paracrystalline)は結晶片岩の方向性のように変成作用再結晶作用と同時に起こる変形運動では,結晶時変形運動(paracrystalline deformation)と用いられ[片山ほか : 1970],またパラクリスタル(paracrystal)は乱れた格子をもつ結晶の仮説に用いられている[地学団体研究会 : 1994].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラクリスタリン岩の関連キーワード堆積岩変成岩ヘミリシアン岩単輪廻クリスタロブラステシスヒステロ結晶作用同属地域変堆積岩構造相

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone