コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラダイスナッツ paradise nut

世界大百科事典 第2版の解説

パラダイスナッツ【paradise nut】

南アメリカの熱帯地方に分布するサガリバナ科のLecythis usitata Miers,L.zabucajo Aubl.などレシティス属数種の種子で,食用になる。サプカイアナッツsapucaia nutとも呼ばれる。いずれも高さ20~40mになる高木。葉は楕円形~楕円状披針形で互生する。花は両性花で,萼は6裂し,花弁6枚,おしべはアーチ形をした雄器柄上に多数ある。果実は径15~25cmの球状で木質,ふつう中央をとりまいて突出した輪があり,熟すると果頂部分の果皮がふたのように円形にはなれ,中から30~40個の種子を出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android