コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルティ・ルージュ Parti Rouge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パルティ・ルージュ
Parti Rouge

1849年頃,カナダ東部 (現ケベック州) で結成された急進的政党。のちに穏健化してカナダ自由党に吸収された。元来は L.-J.パピノーらの運動に基盤をもつが,1950年代のケベックにあって,カトリック教会の政治的影響力,残存する封建的諸制度の絶滅を求め,より広範な民主政治を実現しようとした。指導者は A.A.ドリオンで,W.ローリエもこのグループに属していた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パルティ・ルージュの関連キーワードブルーガルト

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android