コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルマ・デ・マリョルカ Palma de Mallorca

世界大百科事典 第2版の解説

パルマ・デ・マリョルカ【Palma de Mallorca】

スペイン,バレアレス県の県都。人口29万0372(1981)。西地中海の大小七つの島々からなるバレアレス諸島中のマリョルカ島にあって,パルマ湾に面する。はじめ島と同じ〈マリョルカ〉と呼ばれていたが,18世紀に現在の名称となった。西地中海の軍事・交易活動の要所に位置するため,フェニキア,ギリシア,ローマ,バンダル(5世紀),ビザンティン帝国(6世紀)を経て,8世紀にイスラム教徒の手に落ちた。1229年,地中海に勢力を拡大していたアラゴン連合王国のハイメ1世に占領され,マリョルカ王国が樹立されると,その首都になった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

パルマ・デ・マリョルカの関連キーワードバレアレス[諸島]ホルヘ ロレンソパルマ大聖堂マウラ