パレアカメニ島(読み)パレアカメニトウ

デジタル大辞泉の解説

パレア‐カメニ‐とう〔‐タウ〕【パレアカメニ島】

Palaia KameniΠαλαιά Καμένη》ギリシャ南東部、エーゲ海にある小島。キクラデス諸島の最南部、大小五つの島からなるサントリーニ島の中央部に位置する火山島。紀元前1500年の大噴火でカルデラができ、紀元前197年の地震で中央火口丘群が海上に現れて、同島が形成された。現在も火山活動が続き、海中温泉があることで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android