コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パレオ・インディアン文化 パレオインディアンぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

パレオインディアンぶんか【パレオ・インディアン文化】

新大陸で最古の人類文化と解釈されている先史文化の総称。パレオ・インディアンPaleo‐Indian文化は時期的には上部洪積世から沖積世初頭に位置づけられ,石器製作技術や共伴する動物相のちがいにより,プレ・プロジェクタイル・ポイント文化,プロジェクタイル・ポイント文化,パレオ極北文化に大別される。プレ・プロジェクタイル・ポイント文化は粗雑な剝片石器や礫器に特徴づけられ,ペルーパカイカサ文化アヤクチョ文化などに代表され,1万4000~1万5000年以前に比定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のパレオ・インディアン文化の言及

【アメリカ・インディアン】より

…そのためユーラシアと新大陸とは陸続きで,ベーリング海峡付近はユーラシア大陸の東端に位置していたといえる。 地質編年,炭素14年代,動物相の共伴などの基本的条件を満たし,すべての研究者が容認している新大陸最古の文化は,パレオ・インディアン文化である。洪積世末から沖積世初頭(約12000B.P.から9000B.P.)にかけて,マンモス,マストドンなどのすでに絶滅してしまった大型獣を狩猟対象とし,樋状剝離をもつ定型化した尖頭器(ポイント)を特徴とする文化である。…

※「パレオ・インディアン文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パレオ・インディアン文化の関連キーワードプロジェクタイル・ポイント文化アーケイック文化フォルサム文化新大陸