コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パワーシフト

ビジネス用語集の解説

パワーシフト

パワーシフト(powershift)とは、財力よりも知力の方が高い効力を持つ時代がきたという経営概念の
ことをいいます。

米国の未来学者アルビン=トフラー氏が1990年に発表した著書「パワーシフト―21世紀へと変容する
知識と富と暴力」において、財力や権力が実験の中心となってきた時代は終わり
これからは知識や情報力を持つ者が支配力を持つ時代になると説かれています。
20世紀では、財力と権力を持つ者が実権を担い勝ち抜いてきましたが、21世紀では
政治・経済・日常生活などのあらゆるシーンで知識や筋力・情報力が時代の中心となり
権力の移行が進行するとの考え方が現在のビジネスシーンにおいて、IT・ベンチャーなど
これから起業する方にとって指針になるとも言われているようです。
情報化社会の中で勝ち抜くための思想論のひとつともいえるでしょう。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

パワー‐シフト(power shift)

財力や暴力により支配されてきた旧来の社会から、知力と情報力をもつ者が中心となる社会へ転換すること。米国の未来学者A=トフラーの著書から。
政治や経済などの中心勢力が移行すること。「新興国へとパワーシフトが進む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パワーシフトの関連キーワードアルビン トフラー文明の衝突新興国

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パワーシフトの関連情報