コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンダー パンダーPander, Christian Heinrich

1件 の用語解説(パンダーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンダー
Pander, Christian Heinrich

[生]1794.7.12.
[没]1865
ドイツの動物学者。ラトビアに生れ,ベルリン,ゲッティンゲン両大学に学ぶ。発生の初期過程で受精卵の表層が3つの層に分化するのを発見したことが契機となり,1817年に胚葉概念を提唱。これは,K.ベーアの打立てた胚葉説の先駆となり,近代発生学の基礎をおくこととなった。また,ベーアと共同でニワトリの胚発生に関する研究も行なっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のパンダーの言及

【コノドント】より

…大きさは一般に1mm程度で,主成分はリン酸カルシウムからなる。1856年にロシアのパンダーChristian Heinrich Pander(1794‐1865)がラトビア地方のシルル系から魚の歯の化石として報告したのが研究の始まりで,コノドントとは円錐状の歯という意味で錐歯類ともいわれる。外部形態から,円錐状(角状),複歯状,プレート状と大きく三つに分けられる。…

※「パンダー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

パンダーの関連キーワード葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽飯沼慾斎コノドント後成説中村仲蔵伊藤惣兵衛ウィンチェスター

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パンダーの関連情報