パントーハ・デ・ラ・クルス(英語表記)Juan Pantoja de la Cruz

世界大百科事典 第2版の解説

パントーハ・デ・ラ・クルス【Juan Pantoja de la Cruz】

1553‐1608
スペインの宮廷画家。マドリードに生まれ同市で没した。最初のスペイン人宮廷画家サンチェス・コエリョの弟子で,フランドル風の細密描写による肖像画を描いた。晩年のフェリペ2世と同3世に仕え,数多くの王家肖像画を残したほか,《キリストの降誕》《羊飼いたちの礼拝》などの宗教画も描いた。【神吉 敬三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android