コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パントーハ・デ・ラ・クルス Juan Pantoja de la Cruz

世界大百科事典 第2版の解説

パントーハ・デ・ラ・クルス【Juan Pantoja de la Cruz】

1553‐1608
スペイン宮廷画家マドリードに生まれ同市で没した。最初のスペイン人宮廷画家サンチェス・コエリョの弟子で,フランドル風の細密描写による肖像画を描いた。晩年のフェリペ2世と同3世に仕え,数多くの王家肖像画を残したほか,《キリストの降誕》《羊飼いたちの礼拝》などの宗教画も描いた。【神吉 敬三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パントーハ・デ・ラ・クルスの関連キーワード川中島の戦いEdward the Confessorグレーチューダー朝メアリー1世川中島の戦メアリー(1世)土方雄久土方雄久宣祖

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone