コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パントーハ・デ・ラ・クルス Juan Pantoja de la Cruz

世界大百科事典 第2版の解説

パントーハ・デ・ラ・クルス【Juan Pantoja de la Cruz】

1553‐1608
スペインの宮廷画家。マドリードに生まれ同市で没した。最初のスペイン人宮廷画家サンチェス・コエリョの弟子で,フランドル風の細密描写による肖像画を描いた。晩年のフェリペ2世と同3世に仕え,数多くの王家肖像画を残したほか,《キリストの降誕》《羊飼いたちの礼拝》などの宗教画も描いた。【神吉 敬三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

パントーハ・デ・ラ・クルスの関連キーワード川中島の戦いEdward the Confessor川中島の戦グレーチューダー朝メアリー1世メアリー(1世)土方雄久土方雄久宇都宮国綱

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android