コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パントーハ・デ・ラ・クルス Juan Pantoja de la Cruz

1件 の用語解説(パントーハ・デ・ラ・クルスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パントーハ・デ・ラ・クルス【Juan Pantoja de la Cruz】

1553‐1608
スペイン宮廷画家マドリードに生まれ同市で没した。最初のスペイン人宮廷画家サンチェス・コエリョの弟子で,フランドル風の細密描写による肖像画を描いた。晩年のフェリペ2世と同3世に仕え,数多くの王家肖像画を残したほか,《キリストの降誕》《羊飼いたちの礼拝》などの宗教画も描いた。【神吉 敬三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パントーハ・デ・ラ・クルスの関連キーワードゴヤスルバラン組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スペイン奇想曲スペイン組曲スペインの歌スペインの財宝船スペインの庭の夜スペイン舞曲集

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone