コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンロン会議 パンロンカイギ

1件 の用語解説(パンロン会議の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

パンロン‐かいぎ〔‐クワイギ〕【パンロン会議】

ビルマ(現ミャンマー)が英国から独立する前年の1947年2月、シャン州のパンロンで開かれた会議。独立運動の指導者アウン=サン少数民族の代表らが会談し、少数民族の自治権を認め、ビルマ族との連邦国家として独立することで合意、協定に調印した。しかし、アウン=サンは同年7月に暗殺され、少数民族の自治権は大幅に制限された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンロン会議の関連キーワードビルマ語ミャンマービルマの竪琴緬甸ビルマ猫ミゾラムミャンマーとビルマ在日ミャンマー人ナレースエン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone