コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンロン会議 パンロンカイギ

デジタル大辞泉の解説

パンロン‐かいぎ〔‐クワイギ〕【パンロン会議】

ビルマ(現ミャンマー)が英国から独立する前年の1947年2月、シャン州のパンロンで開かれた会議。独立運動の指導者アウン=サン少数民族の代表らが会談し、少数民族の自治権を認め、ビルマ族との連邦国家として独立することで合意、協定に調印した。しかし、アウン=サンは同年7月に暗殺され、少数民族の自治権は大幅に制限された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android