コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーオリ Pasquale Paoli

世界大百科事典 第2版の解説

パーオリ【Pasquale Paoli】

1725‐1807
コルシカの愛国者,政治家。ジェノバのコルシカ支配に抵抗して独立運動を進めた父ジャチントとともに1739年ナポリに亡命。ナポリで軍役に就いた後,1754年,困難な状況のもとで独立革命を続けるコルシカに戻る。翌55年独立政府の最高司令官に選出され,憲法草案を作成して島の最高決定機関(コンスルタ)で承認される。これに基づいて行政,財政,司法,軍事の諸制度を整備し,聖職者の特権を奪った。68年コルシカ支配が負担となったジェノバは,この島をフランスに譲渡し,フランス軍の攻撃が強まったため,69年イギリスに亡命。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パーオリの関連キーワードデービー(Sir Humphry Davy)ピョートル嬉野次郎左衛門ピョートル[1世]ピョートルピョートル1世(大帝)エカチェリーナ(1世)ロマノフ朝ニュートンピュッター

パーオリの関連情報