コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーキンソン病治療薬 パーキンソンびょうちりょうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーキンソン病治療薬
パーキンソンびょうちりょうやく

パーキンソン病は錐体外路系 (運動) 神経の中枢の障害によって起る疾患で,骨格筋の運動が調整を欠き振顫,硬剛がみられる (→パーキンソン症候群 ) 。治療薬として用いられているL-ドーパは脳に取込まれたあと,神経の働きを活発にするアドレナリンの1種であるドーパミンとなり,症状を改善する。L-ドーパ合剤は,脳内でL-ドーパが取込まれるのを助ける働きがある。ドーパミンの分泌促進剤としては塩酸アマンタジンがあり,意欲を向上させる働きもある。ほかに抗コリン薬が副交感神経に働いて,手の震え,筋肉の硬直などの症状を改善する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パーキンソン病治療薬の関連キーワードパーキンソン病(特発性パーキンソニズム)ジストニア(ジストニー)ウィリアム ノールズ尿失禁とその対策パーキンソン病ジスキネジー瀬川病

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パーキンソン病治療薬の関連情報