パーシィ・ウォレス マッケー(英語表記)Percy Wallace Mackaye

20世紀西洋人名事典の解説


1875 - 1956
米国の劇作家
ニューヨーク市生まれ。
ハーバード大学、ライプチヒ大学に学び、チョーサーの物語による無韻詩劇など散文劇を書いたが、ペイジェント、仮面劇、民族劇に関心を持ち、スペクタクル演出によって、民衆教化の大きな意義を持った。中でも詩劇4部劇「デンマーク王ハムレットの謎」(1949年)は野心作で、シェイクスピア劇のパロディーとなっている。他に評論集「劇場と戯曲」(’09年)、「公共演劇」(’17年)、戯曲「ロッキーを越えるナポレオン」(’27年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android