コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーフォレーション perforation

翻訳|perforation

デジタル大辞泉の解説

パーフォレーション(perforation)

抜き穴。用紙のミシン目や切り取り点線、切手の目打ち穴、フィルムの縁にある穴など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

パーフォレーション

 写真用語では、フィルムの両側に規則的に開けられた穴のこと。もともと映画用に作られたときの名残りである。ライカが35mm判カメラを発明したとき、映画用フィルムの2コマを1コマ分としたことに由来する。現在のフィルムカメラ、とくに一眼レフでは、フォトカプラーによってパーフォレーションを読み取り、それによってフィルムを規則正しく送るようになっている。また、パーフォレーションと画面の間にデータを写し込むカメラもある。なお、120や220などの ロールフィルム ではパーフォレーションはない(例外的に映画用の70mmフィルムを流用することもあるが)。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

パーフォレーション【perforation】

写真・映画用のフィルムの縁に、一定間隔で打ち抜かれている穴。フィルムを送ったり巻き取ったりするためのもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のパーフォレーションの言及

【郵便切手】より

… 目打(めうち)切手をシートから分離するため四方にあけられた小さい穴のこと。英語でパーフォレーションperforation,略してパーフperfともいう。この穴のないものを無目打imperf,角の目打のとれたものを目打欠,目打が正しい位置からずれているものを目打ずれという。…

※「パーフォレーション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パーフォレーションの関連キーワード郵便切手/切手収集の用語映画フィルムスプロケット映画カメラ35ミリ判8ミリ映画スーパー8光学録音中判大判

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android