パーフォレーション(読み)はあふおれえしよん,ぱーふぉれーしょん

カメラマン写真用語辞典「パーフォレーション」の解説

パーフォレーション

 写真用語では、フィルム両側に規則的に開けられたのこと。もともと映画用に作られたときの名残りである。ライカが35mm判カメラを発明したとき、映画用フィルムの2コマを1コマ分としたことに由来する。現在のフィルムカメラ、とくに一眼レフでは、フォトカプラーによってパーフォレーションを読み取り、それによってフィルムを規則正しく送るようになっている。また、パーフォレーションと画面の間にデータを写し込むカメラもある。なお、120や220などの ロールフィルム ではパーフォレーションはない(例外的に映画用の70mmフィルムを流用することもあるが)。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「パーフォレーション」の解説

パーフォレーション

〘名〙 (perforation) 写真フィルムの両側または片方のにあいている、フィルム送り用の小穴。〔アルス新語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のパーフォレーションの言及

【郵便切手】より

… 目打(めうち)切手をシートから分離するため四方にあけられた小さい穴のこと。英語でパーフォレーションperforation,略してパーフperfともいう。この穴のないものを無目打imperf,角の目打のとれたものを目打欠,目打が正しい位置からずれているものを目打ずれという。…

※「パーフォレーション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android