コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーロック Perlohrke

世界大百科事典 第2版の解説

パーロック【Perlohrke】

化学繊維のトウ(連続繊維の束)を帯状に広げ,加圧された数対のローラーの間を移動させながら,繊維の配列を乱すことなくランダムに切断し,かつ巻縮加工してスライバーを作る方法。30万~200万デニール程度のトウをまず加熱延伸したのち,2~3回に分けて切断するが,いずれもローラー表面速度の相違によるもので,この切断方法をパーロック式牽切(けんせつ),作られたスライバーを糸にする工程を含めてパーロック式紡績という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パーロックの関連キーワードモーガン スパーロックターボステープラーベーパーロック現象ベイパーロックフェード現象航空燃料ガソリン化学繊維ドラフトエッジYuU

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android