コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒエラポリス[シリア] Hierapolis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒエラポリス[シリア]
Hierapolis

シリアのアレッポ北東 90kmにある遺跡。「聖都」を意味する。現メンビジュ。シリア語名マボグがなまって,ギリシア語でバンビュケと呼ばれた。セレウコス朝時代アンチオキアとチグリス河畔のセレウキアを結ぶ要衝。シリアの女神アタルガティス崇拝の中心地。ローマ帝国時代に最も繁栄したが,その後イスラム,十字軍時代に次第に衰退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒエラポリス[シリア]の関連キーワード中間圏中間圏スピードリミッター超高層大気熱圏スキーマラソンパキスタン北部地震ウィットウォーターズランドウィニペグ[湖]ウカヤリ[川]

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android