コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間圏 ちゅうかんけん mesosphere

翻訳|mesosphere

6件 の用語解説(中間圏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中間圏
ちゅうかんけん
mesosphere

成層圏の上,熱圏の下にある大気層。地表からの高さ 50~80kmにわたり,大気温度は低部で絶対温度 270Kくらいから,上部で 200Kくらいまでで,高度が上がるにつれて低下していく。その理由は,太陽からの放射線のうち,X線に近い超紫外線は上方の熱圏で吸収されてしまい,波長の長い紫外線は空気の濃い下方の成層圏で吸収され,オゾンの生成も成層圏で多く中間圏では少ないなど,この層での加熱が少ないためである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅうかん‐けん【中間圏】

大気圏の区分の一。成層圏熱圏との間を占め、高度約50キロから90キロまでの大気層。気温は高さとともに下降する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中間圏【ちゅうかんけん】

メソスフェアとも。高度ほぼ50〜90km間の大気の層。それより下の成層圏では高度とともに気温が上昇するが,中間圏に入ると高度とともに気温は下降し,高度50kmでは約0℃だが,90kmでは−80℃ほどになる。
→関連項目成層圏超高層大気

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうかんけん【中間圏 mesosphere】

大気の鉛直構造を気温分布にしたがって区分するとき,高度50kmから90kmにかけて高度の上昇につれて気温が下がっている部分を中間圏という。気温は高度50kmで約0℃で,高度90kmでは氷点下約80℃である。高度85~90kmの領域は中間圏界面mesopausと呼ばれ,上層大気のなかで最も低温である。気圧は高度50kmから90kmにかけて0.8hPa(0.6Torr)から0.002hPa(0.0015Torr)に減る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうかんけん【中間圏】

大気圏のうち、成層圏と熱圏との中間に位置し、高度約50~90キロメートル にわたる領域。気温は、高度50キロメートル での約摂氏0度から、高度90キロメートル での約摂氏マイナス80度へと低下する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中間圏
ちゅうかんけん
mesosphere

大気を鉛直に区分したとき、高度48キロメートルから80キロメートルの範囲を中間圏とよぶ。中間圏の下には成層圏、上には熱圏が存在する。中間圏の気温は、下端の成層圏界面でもっとも高く約0℃、高さとともにほぼ直線的に下降し、上端の中間圏界面で零下90℃になる。気温が高さとともに減少するが、水蒸気の凝結がないので鉛直運動に対して安定であり、対流は生じない。しかし、下方から伝播(でんぱ)してくる内部重力波の砕波によって乱流を生じ、上下の混合が行われている。中間圏上部では、季節に逆行して冬に気温が高く、夏に気温が低い。夏季には夜光雲が生じる。[松野太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中間圏の言及

【大気】より

…安定な成層で水蒸気が少ないので天気現象は現れないが,冬の高緯度地方の上空20~30kmに真珠母雲が見られることがある。(3)中間圏mesosphere 成層圏界面の上空では,温度はふたたび高度の増加につれて下がる。最も低くなるのは高度約80kmの約180Kで,ここが中間圏界面(中間止面)mesopauseである。…

【大気】より

…乾燥空気には地面からの高さによらず組成比がほとんど変わらないものと,場所や時間により変化するものとがある。組成比の変わらないのは窒素,酸素などで,それらの成分比は中間圏界面の高度約85km付近まで不変であることがロケット観測などにより確かめられている。中間圏界面をこすと光解離のためにO2が多量のOに変換され,110km付近から上空では分子拡散作用のために重い分子と軽い分子の分離が起こるので,平均分子量は上空にゆくほど減少し,地表付近とは違った組成比になる。…

【大気大循環】より

…対流圏と異なり,成層圏では大気が安定で,上下の混合は不活発である。成層圏の上約80kmまでは中間圏で,気温がふたたび上層ほど低くなっている。中間圏の上は熱圏といわれ,気温は上層ほど高くなる。…

※「中間圏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中間圏の関連キーワード大気圏地質図標準大気気温減率大気境界層超高層大気気圏接地層気温逆転層風速の鉛直分布

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中間圏の関連情報