コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒゴスミレ(肥後菫) ヒゴスミレViola chaerophylloides var. sieboldiana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒゴスミレ(肥後菫)
ヒゴスミレ
Viola chaerophylloides var. sieboldiana

スミレ科の多年草で,東北地方中南部から四国,九州に分布し,山地の日当りのよい尾根などに生える。通常無毛。葉は3小葉からなり,長さ2~3cm,柄は5~10cm。各小葉は有柄で,さらに少数の裂片に裂ける。同じように葉が切込むナンザンスミレ V.chaerophylloidesエイザンスミレによく似るが,側小葉は基部近くで大きく2全裂しているので5裂しているように見える。また,ナンザンスミレと異なり,各裂片は線状披針形でより細い。花は4~5月に咲き,白色で径 2cmほどになる。唇弁に紫条があり,側弁には毛がある。は細長く,長さ 4mm。日本のスミレのなかでは香りがするほうである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報