コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミレ科 スミレか Violaceae

2件 の用語解説(スミレ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スミレ科
スミレか
Violaceae

双子葉植物スミレ目の1科。世界のほぼ全域に分布し 20余属約 900種があるが,その過半はスミレ属 Violaの草本で,北半球の温帯域と南アメリカアンデス地域に知られる。例外的に低木や小高木となる種もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スミレ科
すみれか
[学]Violaceae

双子葉植物、離弁花類。一~二年草、多年草、低木、高木、藤本(とうほん)(つる植物)があり、種数としては多年草と小低木がもっとも多い。葉は互生(地上茎のないものは束生状になる)し、托葉(たくよう)があり、普通は単葉(羽状複葉はない)。花は両性花で、左右相称も放射相称もある。基本的には円錐(えんすい)または単生の総状花序で、1、2枚の包葉がある。萼片(がくへん)5枚、花弁5枚、雄しべ5本、花糸は短い。葯(やく)は直立して子房を円筒状に囲むものがある。萼片は花弁と互生し、雄しべと対生する。雌しべ1本、花柱は1本、子房は上位で3心皮、1室、1個から多数個の胚珠(はいしゅ)が側膜胎座につく。果実は普通は3裂する(さくか)で、裂開しない殻果状のものや液果もある。世界各地に約24属900種が分布し、熱帯アメリカに属数が多い。また木本の種は熱帯地方にだけ自生する。日本にはスミレ属55種が分布し、多数の自然雑種が知られている。[橋本 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スミレ科の関連キーワード双子葉植物托葉単子葉植物主根禾本科合弁花類網状脈壺菫双子葉類

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スミレ科の関連情報