コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミレ科 スミレかViolaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スミレ科
スミレか
Violaceae

双子葉植物スミレ目の1科。世界のほぼ全域に分布し 20余属約 900種があるが,その過半はスミレ属 Violaの草本で,北半球の温帯域と南アメリカのアンデス地域に知られる。例外的に低木や小高木となる種もある。葉は根生または互生し,顕著な托葉がある。花は両性花で左右相称形,萼片と花弁は5枚ずつ,おしべも5本である。子房は上位で1室であるが,熟すと3片に開裂して多数の小さな種子を飛ばす。スミレ属には通常花のほか閉鎖花をつけるものが多い。 (→スミレ〈菫〉 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スミレ科
すみれか
[学]Violaceae

双子葉植物、離弁花類。一~二年草、多年草、低木、高木、藤本(とうほん)(つる植物)があり、種数としては多年草と小低木がもっとも多い。葉は互生(地上茎のないものは束生状になる)し、托葉(たくよう)があり、普通は単葉(羽状複葉はない)。花は両性花で、左右相称も放射相称もある。基本的には円錐(えんすい)または単生の総状花序で、1、2枚の包葉がある。萼片(がくへん)5枚、花弁5枚、雄しべ5本、花糸は短い。葯(やく)は直立して子房を円筒状に囲むものがある。萼片は花弁と互生し、雄しべと対生する。雌しべ1本、花柱は1本、子房は上位で3心皮、1室、1個から多数個の胚珠(はいしゅ)が側膜胎座につく。果実は普通は3裂する(さくか)で、裂開しない殻果状のものや液果もある。世界各地に約24属900種が分布し、熱帯アメリカに属数が多い。また木本の種は熱帯地方にだけ自生する。日本にはスミレ属55種が分布し、多数の自然雑種が知られている。[橋本 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スミレ科の関連キーワード上越黄花の駒の爪黄花の駒の爪千島薄葉菫蝦夷日陰菫斑入深山菫毛蝦夷黄菫八ヶ岳黄菫蝦夷高嶺菫紫蘇葉黄菫蝦夷小菫腎葉黄菫大山黄菫相撲取草苗場黄菫相撲取花深山黄菫大葉黄菫蝦夷黄菫十勝黄菫蝦夷菫

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スミレ科の関連情報