コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミレ

3件 の用語解説(スミレの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スミレ

スミレ科の多年草北海道〜九州,東アジアの山野にはえる。葉は三角状披針形で長さ4〜8cm,柄は長く,上方には翼があり,夏に出る葉は花時よりも大きい。4〜5月に濃紫色の花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スミレ【Viola mandshurica W.Becker】

日当りのよい山野に普通なスミレ科の多年草(イラスト)。和名は花の形が大工の使う墨つぼに似ているから〈墨入れ〉の略という説がある。地上茎がなく,葉と花茎は株元から集まって出て,花期の高さ7~15cmほど,花後やや大きくなる。地下茎は短く,葉は根生する。葉や花の柄に毛があるものも,ないものもある。葉柄は葉身とほぼ同長か,より長く,基部に披針形の托葉が1対あり,上部に狭い翼がある。葉身は花期には長卵形から三角状披針形で先は鈍く,基部はほぼ切形からやや心形,花後はより幅広くなり,ほぼ三角形にまでなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スミレ
すみれ / 菫
[学]Viola mandshurica W. Becker

スミレ科の多年草。地上茎はなく、根茎は短く、茶褐色の根がある。葉身は三角状披針(ひしん)形、長楕円(ちょうだえん)状披針形、長楕円形などで、基部は水平や、ややくさび形、長さ3~8センチメートル、幅1.1~2.5センチメートルであるが、果実期には大きくなり、長三角状、基部はやや心臓形になる。葉柄は葉身とほぼ同長または長くなり、上部には明瞭(めいりょう)な翼がある。花は4~5月、高さ5~20センチメートルの花柄の上部につき、濃紫色(まれに白色で、紫色の筋が入るものもある)で花径は約2.5センチメートル。花弁は5枚で、側弁の内側に普通は白いひげ毛があり、下弁の基部は長さ5~7ミリメートルの距(きょ)がある。南千島以南から台湾(高地)を含む東アジア温帯に広く分布し、日当りのよい草地などに生えるが、落葉樹林や松林の下でもみられる。高原に生え、葉身が細く、基部がくさび形になる変種をホコバスミレvar. ikedaeana (W. Becker)F. Maekawaという。また日本暖地の海岸地方に分布し、葉身が普通は長三角形で厚く光沢のある変種をアツバスミレvar. triangularis (Fr. et Sav.) Mizushimaという。
 スミレを特定の種の和名として用いるほか、スミレ属各種を総称することも多い。スミレの名は、下弁の形が、大工が使用する墨壺(すみつぼ)に似ているからつけられたもので、墨入れの略である。「菫」の字は俗用で、中国では菫菜と書かれることが多い。英語ではviolet(バイオレット)と書くが、サンシキスミレ(V. tricolor L.ビオラ・トリコロル)系のものは、主として園芸品種の系統をpansy(パンジー)、また主として野生種のものをheartsease(ハートシーズ)とよんで区別する。
 スミレ属は世界に約400種が知られ、温帯地方に種類が多い。一~二年草、多年草のほか低木の種もある。花色は濃紫色のほか、白、黄、赤色もある。一般に花柱の先端部の形を重視してグループが大別されるが、古くから便宜的に地上茎の有無により大別することもある。
 日本のスミレ属は55種が知られており、五つのグループに大別される。そのなかでは、花柱の先がカマキリの頭状に膨らみ、柱頭が前向きにとがっている種がもっとも多い。スミレ、シロスミレ、コスミレ、アカネスミレ、ミヤマスミレ、ヒナスミレ、シハイスミレ、エイザンスミレ、スミレサイシン、アケボノスミレなどはこの仲間で、地上茎はなく、葉はすべて株元に集まっている。ニョイスミレ、ツクシスミレ、タチスミレ、オオバタチツボスミレもこの仲間であるが、地上茎があり、前の2種は茎がしばしば横にはい、途中から根が出る。タチスミレの茎は細いが、アシなどの間に生えて直立し、高さ1メートルほどになることもある。これら4種は下弁の距が短い。
 ウスバスミレ、チシマウスバスミレ、タニマスミレは前述のグループに近縁と考えられるが、花柱の先がそれほど膨らまず、先端がやや平たい。唇弁の距は短く、地下茎が細長い。
 花柱が棒状か棍棒(こんぼう)状で、柱頭が上向きか前向きになる仲間は、ナガハシスミレ、オオタチツボスミレ、タチツボスミレ、イソスミレ、タデスミレ、アオイスミレなどで、ほとんどの種は地上茎がよく発達し、托葉(たくよう)の縁(へり)は細裂し、花は紫色系である。この仲間も日本でよく分化している。アオイスミレとエゾノアオイスミレは花柱の先が鉤(かぎ)形に短く屈曲し、他のスミレ類はたいてい果実が楕円体であるのに、この2種の果実は球形で、ヨーロッパのニオイスミレとよく似ている。
 花柱の先が両側に二又状に出っ張るのはキバナノコマノツメとタカネスミレで、花が黄色で、下弁を除く他の4弁は上向きに開く。
 花柱の先が横に膨らみ、柱頭が前向きになるのはキスミレ、オオバキスミレ、ジンヨウキスミレなどで、多くの種類では花柱の先の膨らみの両側に乳頭毛があるが、ジンヨウキスミレにはこの毛がない。花は黄色で、側弁は横に開く。[橋本 保]

文化史

ヨーロッパのニオイスミレViola odorata L.は、ギリシア神話では、ゼウスが妻のヘラにみつかりそうになった愛人のイオを白い牝牛(めうし)に姿を変えさせた際、食べ物として与えたと伝えられる。ニオイスミレは古代のギリシアでは「濃い色のイオンIon」とよばれた。記録に残る最初のスミレは、ホメロスが『デメテール賛歌』(前8世紀)で、美しいと歌ったニオイスミレ。ピンダロスは『アテネ賛歌』(前6世紀)で、アテネをイオンの花冠をつけた市とたたえた。古代のギリシア人はニオイスミレを花冠に使い、婚礼の日、部屋にバラとともにその花を敷いたという。ディオスコリデスは『薬物誌』(1世紀)で、葉を胸やけ、脱肛(だっこう)に、花を浸(つ)けた水をてんかんや脾臓(ひぞう)の薬に使った。ローマでも薬用とし、プリニウスは『博物誌』(1世紀)で17の薬効をあげる。ローマではニオイスミレの花をぶどう酒に浸けたバイオレットワインがつくられた。
 日本では『万葉集』に4首歌われているのが古い。山部赤人(やまべのあかひと)は「春の野にすみれ摘みにと来し我ぞ野をなつかしみ一夜寝にける」と詠んだ(8巻1424)。大伴池主(おおとものいけぬし)もスミレ摘みを歌った(17巻3973)。スミレの語源は摘まれることから、つみれ、さらにスミレと変化したと、明治の本草(ほんぞう)学者山本章夫(しょうふ)は説いた(『万葉古今動植物正名(せいめい)』)。牧野富太郎(とみたろう)は、大工道具の墨入(すみい)れ(墨壺(すみつぼ))と花の形が似るという説を出し、広く受け入れられているが、中村浩(ひろし)は、それでは色がスミレに似つかないとし、隅入(すみい)れとよばれた隅取紙でつくった旗印に花の形が相似することから由来したとみた。スミレの栽培は江戸時代の『花壇綱目』(1681)や『花壇地錦抄(かだんちきんしょう)』(1695)で取り上げられているが、品種改良はほとんどされなかった。
 ヨーロッパではフランスで6世紀ごろからニオイスミレの栽培が始まった。スミレはナポレオンのお気に入りの花として、ナポレオン党のシンボルにされた。アイヌの人々はオオバタチツボスミレV. langsdorfii Fisch. subsp. sachalinensis W. Bekherを陰干しして、煎(せん)じて飲み、婦人病や産後の手当てに使った。台湾ではタイワンヤノネスミレV. caespitosa D. Donを野菜にし、日本でもスミレサイシンV. variegata Maxim.を山菜料理に使う。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スミレの関連キーワード葵菫茜菫叡山菫匂菫アイヌ立壺菫立壺菫壺菫日当り蛍葛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スミレの関連情報