コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒッラ al-Hillah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒッラ
al-Hillah

イラク中央部,バービル県の県都。バグダードの南約 100m,ユーフラテスの分流ヒッラ川に面する。沖積低地にあり,砂漠気候。付近にはバビロン,ボルシッパ,キシュなどの古代遺跡が点在する。アッバース朝以来,ユーフラテス川の渡河地点として栄え,特に 12世紀初めに同川をまたぐ船橋の完成後,河港兼商業都市として発展した。 1913年のヒンディヤ堰堤の完工後,周辺は有数の農業地帯となり,小麦,大麦,米,ナツメヤシなどの農産物を集散する。バグダード-バスラ間の鉄道,幹線道路が通る。人口 21万 5249 (1985推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒッラの関連キーワードディーワーニーヤヌーリ マリキフズーリーマズヤド朝ヒッリーサマーワマリキ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android