コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトモトススキ(一本薄) ヒトモトススキCladium chinense

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトモトススキ(一本薄)
ヒトモトススキ
Cladium chinense

カヤツリグサ科の多年草。別名をシシキリガヤともいう。日本の関東南部以西,東アジアマレーシアオーストラリアに分布し,暖地の海岸に生える。叢生し,茎は壮大で高さ1~2mとなる。葉は茎の基部に集り,一部は茎の上にもつく。葉身は幅広く線形で質が硬く縁はざらつく。花は8~10月に茎の上部の葉腋に散房花序を5~7個つける。小穂は長楕円形で褐色である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone