ヒナガヤツリ(雛蚊帳吊)(読み)ヒナガヤツリ(英語表記)Cyperus hakonensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒナガヤツリ(雛蚊帳吊)
ヒナガヤツリ
Cyperus hakonensis

カヤツリグサ科の小型の一年草南日本および東アジア,オーストラリアに分布し,河岸や草原に生える。茎は叢生し軟らかく,高さ5~25cmである。葉は短い葉身のある薄い鞘となる。花は8~10月に開き,花序は短い茎のわりには大きい。総包片は1枚で茎と同じか,やや長い。小穂は2~6個,花序の枝先に掌状につき,淡緑色。鱗片は舟形で緑白色で先は反曲する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android