コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒプソグラフ曲線 ヒプソグラフきょくせんhypsographic curve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒプソグラフ曲線
ヒプソグラフきょくせん
hypsographic curve

ヒプソメトリック・カーブともいう。ある地域において,それぞれの高さを有する部分の占める面積を表現する曲線縦軸に高度,横軸にその高度以上の高さを有する部分の面積をとって表わす。高度面積曲線ともいう。陸地の平均の高さは 840m,海底の平均の深さは 3800mで,地表面の平均の高さは-2400mであることなどがわかる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

ヒプソグラフ曲線【hypsographic curve】

ある地域に対して,それぞれの高さを有する部分の占める面積を示す曲線.通常は縦軸に高さ,横軸に面積をとり,その高さ以上の占める面積をプロットする.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android