ヒプソグラフ曲線(読み)ヒプソグラフきょくせん(英語表記)hypsographic curve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヒプソグラフ曲線」の解説

ヒプソグラフ曲線
ヒプソグラフきょくせん
hypsographic curve

ヒプソメトリック・カーブともいう。ある地域において,それぞれの高さを有する部分の占める面積を表現する曲線縦軸高度横軸にその高度以上の高さを有する部分の面積をとって表わす。高度面積曲線ともいう。陸地の平均の高さは 840m,海底の平均の深さは 3800mで,地表面の平均の高さは-2400mであることなどがわかる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典「ヒプソグラフ曲線」の解説

ヒプソグラフ曲線【hypsographic curve】

ある地域に対して,それぞれの高さを有する部分の占める面積を示す曲線.通常は縦軸に高さ,横軸に面積をとり,その高さ以上の占める面積をプロットする.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android