ヒペアストルム(読み)ひぺあすとるむ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒペアストルム
ひぺあすとるむ
[学]Hippeastrum

ヒガンバナ科ヒペアストルム属の総称。アマリリスと近縁の属で、南アメリカに約70種分布する。鱗茎(りんけい)は球周り25センチメートル以上の大球で、3~4月、長さ40センチメートルほどの帯状または線形の葉を数枚つける。6月ころ、鱗茎から高さ60センチメートルの太い中空の花茎を出し、ユリに似た花を数個散形状に頂生する。花茎は大きいものは25センチメートルを超える。花色は鮮紅、桃、白、橙(だいだい)色で、縞(しま)模様や覆輪のものもあり、変化に富む。普通は鉢植えで観賞する。6号くらいの大鉢を用い、鱗茎の3分の1が土面に出るように浅植えとする。肥料はリン酸やカリを多めに施す。高温と日当りでよく育つ。春に植え替えをし、用土も新しくする。繁殖は株分けによる。実生(みしょう)もできるが、開花球になるには4年ほどかかる。[川畑寅三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android