コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメクズ(姫葛) ヒメクズDunbaria villosa (Thunb.) Makino

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメクズ【ヒメクズ(姫葛) Dunbaria villosa (Thunb.) Makino】

日当りのよい草地に生えるマメ科のつる性多年草で,タンキリマメ属に類縁がある(イラスト)。別名をノアズキ(野小豆)という。和名はともに葉の形からのクズあるいはアズキへの連想に基づくという。全体にビロード状の短い毛がある。葉は3枚の小葉をもつ複葉で互生する。小葉は丸みのあるひし形で先が少し長く伸びており,長さ1~3cm,裏面に小さな赤褐色の腺点が多い。花期は8~9月。葉腋(ようえき)から総状花序を伸ばし,3~5個の蝶形花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone