コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメコマツ(姫小松) ヒメコマツPinus parviflora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメコマツ(姫小松)
ヒメコマツ
Pinus parviflora

マツ科の常緑高木。日本各地の山地に多い。幹は直立し 30m,径 1mあまりになる。老木は樹皮が不定形の小鱗片となってはげ落ちる。枝は水平に張出す。葉は長さ3~6cmの針葉が5本ずつ束生し,断面は三角形で樹脂道が2本縦走している。球果は長卵形,長さ5~6.5cm,径3~4cmで先端は鈍形。種子をつける鱗片は厚く,丸みのある楔形で,1球果に 17~18片あり,種子はその本体より短い翼をつけている。日本の中部以北には本種の変種とされるキタゴヨウマツ P.parviflora var. pentaphyllaが分布し,ヒメコマツに比べて樹皮の鱗片が大きく,種子の翼が種子の長さよりもやや長い点などで区別される。通常ゴヨウマツ (五葉松) と呼んで庭木や盆栽とされるのはこのヒメコマツのことであるが,広義には5枚の針葉を束生する数種の総称でもあり,キタゴヨウマツが本来ゴヨウマツと呼ばれたものだともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒメコマツ(姫小松)の関連キーワードマツ(松)

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android