コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラマキミズマイマイ ヒラマキミズマイマイ Gyraulus chinensis; ram's horn snail

2件 の用語解説(ヒラマキミズマイマイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラマキミズマイマイ
ヒラマキミズマイマイ
Gyraulus chinensis; ram's horn snail

軟体動物門腹足綱ヒラマキガイ科。淡水貝。別名ヒラマキガイ。殻高 0.2cm,殻径 0.6cm。殻は黄褐色,薄質半透明で,扁平な盤状。螺層は4~5階で,上下に平たい。腹面の臍孔は非常に広い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラマキミズマイマイ
ひらまきみずまいまい / 平巻水蝸牛
ram's horn snail
[学]Gyraulus chinensis

軟体動物門腹足綱ヒラマキガイ科の巻き貝。淡水性で、この科の代表的な種であり、学名にはG. hiematiumやG. spirillusなどの異名がある。北海道から沖縄までの日本全国から台湾までに分布し、比較的水のきれいな田や池沼にすみ、水草や石の上をはっている。殻高1.8ミリ、殻径6ミリの微小種で平巻き状、殻口のほうから螺塔(らとう)はまったく見えない。殻は薄く半透明で、飴(あめ)色。螺層は4~5階巻き、体層には弱い螺状肋(ろく)が1本生じ、その上に殻皮毛が生えていることがある。殻底には広い臍孔(へそあな)がある。殻口は斜めで、蓋(ふた)はない。軟体は長い触角をもち、赤みがかっている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒラマキミズマイマイの関連キーワード頭足類軟体動物有肺類後鰓類前鰓類象水母逆巻貝巻貝軟体類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone