淡水貝(読み)たんすいがい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淡水貝
たんすいがい

河川、湖沼などの淡水域にすむ貝類をいい、淡水性貝類ともよぶ。日本には100余種があり、一部のものは半陸性あるいは汽水性。約40種は琵琶(びわ)湖産である。腹足類のうち、前鰓(ぜんさい)類はタニシ、カワニナ、カワザンショウガイなど約50種、有肺類は約25種、二枚貝類はカラスガイ、ドブガイ、マシジミなど約25種である。
 日本の淡水には石灰質分が少ないので、貝殻は成長につれて殻頂部が侵されて殻皮がはがれ、白色の稜(りょう)柱層が露出したり、磨滅したりしている。変わった生態としては、タニシ、カワニナ、マシジミ、ドブシジミは胎生、モノアラガイ、カタヤマガイ、マメタニシなどは卵塊を他物に産み付ける。また、カワシンジュガイ、イシガイ、カラスガイ、ドブガイなどはグロキディウム幼生を経て成貝になるが、その幼生は魚類の体表やえらに付着し、寄主の体液を吸って育つ。タナゴ類はこれらの貝のえらに産卵し卵を保育させるので、これらの貝と魚は共利共生の関係にある。
 淡水貝のうち、シジミ類、タニシ類は食用となり、イケチョウガイは淡水真珠養殖の母貝に利用されているが、人体および家畜の寄生虫の中間宿主となる害貝が多い。たとえば、カタヤマガイは日本住血吸虫、カワザンショウガイは大平肺吸虫、カワニナはウェステルマン肺吸虫、ホラアナミジンニナは宮崎肺吸虫、マメタニシは肝吸虫、ヒラマキガイモドキはムクドリ住血吸虫、コシダカモノアラガイは家畜の肝蛭(かんてつ)の、それぞれ中間宿主となる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android