コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒロス ヒロス 〈ギリシャ〉gyros

2件 の用語解説(ヒロスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヒロス(〈ギリシャ〉gyros)

ギロス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒロス
ひろす
Hyllos

ギリシア神話の英雄。ヘラクレスデイアネイラの子で、ヘラクレスの長子とされている。父の死後、ヒロスを中心とした一族はトラキス王ケユクスのもとに身を寄せていたが、エウリステウスの圧迫を避けるためアッティカに逃れる。その後エウリステウスとの一騎打ちで彼を倒したヒロスは、父祖の地ペロポネソスに帰還する手掛りを得た。しかし悪疫が流行したため、ヒロスたちは神託に従ってペロポネソスを去った。あらためてデルフォイの神託をうかがったところ、「三度目の収穫を待て」とあったので、三度目を3年の意味と誤解したヒロスは、3年後にふたたび帰還を実行したが、テゲア王エケモスと一騎打ちをして敗死する。三度目の収穫とは3代目の子孫の意味であり、そして「ヘラクレイダイ(ヘラクレスの後裔(こうえい))の帰還」はヒロスの子孫たちによって成就(じょうじゅ)することになる。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒロスの関連キーワードぎろぎろぎろりギロギロカスタルギロチン破断仮名半紙 かぎろひ『ギロチン城』殺人事件

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒロスの関連情報