コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンドゥークシュ[山脈] Hindu Kush

世界大百科事典 第2版の解説

ヒンドゥークシュ[山脈]【Hindu Kush】

パミール高原南縁から西南西へカシミール地方,パキスタンアフガニスタンを走る山脈。アルプス・ヒマラヤ造山帯の山脈で,全長約700km,西の支脈を含めると約1200km,幅50~350kmにわたる。最高峰はパキスタンのティリチ・ミール7708m。東部は大部分5500~6000mで,最低部のバロギル峠で3777m。氷河もみられる。西部は3500~4000mで,その西に多数の支脈がイラン国境付近までのびる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヒンドゥークシュ[山脈]の言及

【ヒマラヤ[山脈]】より

…その南北の限界は明瞭でないが,北はインダス川上流とブラフマプトラ川上流(ツァンポ川,ヤルズアンボ川)を結ぶ線,南はヒマラヤの最も前山のシワリク丘陵が,ガンガー(ガンジス)平野に消える所とされる。 ヒマラヤの西方は,世界の屋根パミール高原から,ヒンドゥークシュ山脈に続き,東方では南に折れ曲がって,ナガ,アラカン山脈へと続く。北側には平行してカラコルム山脈やカイラス(トランス・ヒマラヤ)山脈が走り,広義のヒマラヤとして,これらの延長部および並走する山脈を含むこともある。…

※「ヒンドゥークシュ[山脈]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android