コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンドゥークシュ[山脈] Hindu Kush

1件 の用語解説(ヒンドゥークシュ[山脈]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒンドゥークシュ[山脈]【Hindu Kush】

パミール高原南縁から西南西へカシミール地方,パキスタンアフガニスタンを走る山脈。アルプスヒマラヤ造山帯の山脈で,全長約700km,西の支脈を含めると約1200km,幅50~350kmにわたる。最高峰はパキスタンのティリチ・ミール7708m。東部は大部分5500~6000mで,最低部のバロギル峠で3777m。氷河もみられる。西部は3500~4000mで,その西に多数の支脈がイラン国境付近までのびる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のヒンドゥークシュ[山脈]の言及

【ヒマラヤ[山脈]】より

…その南北の限界は明瞭でないが,北はインダス川上流とブラフマプトラ川上流(ツァンポ川,ヤルズアンボ川)を結ぶ線,南はヒマラヤの最も前山のシワリク丘陵が,ガンガー(ガンジス)平野に消える所とされる。 ヒマラヤの西方は,世界の屋根パミール高原から,ヒンドゥークシュ山脈に続き,東方では南に折れ曲がって,ナガ,アラカン山脈へと続く。北側には平行してカラコルム山脈やカイラス(トランス・ヒマラヤ)山脈が走り,広義のヒマラヤとして,これらの延長部および並走する山脈を含むこともある。…

※「ヒンドゥークシュ[山脈]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒンドゥークシュ[山脈]の関連キーワードアミールカシミアカシミールコムニズム峰コーンミール葱嶺パミールヒンズークシ山脈シミーイワシミール

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone