コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビアーズ Clifford Whittingham Beers

1件 の用語解説(ビアーズの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビアーズ【Clifford Whittingham Beers】

1876‐1943
アメリカ精神衛生運動家。コネティカット州生れ。イェール大学卒業後,ニューヨーク保険会社に勤めたが,就職後3年にして鬱(うつ)病と思われる状態に陥り,1900年自殺を企て精神病院に入院させられた。数ヵ所の精神病院に転院したが,病院における患者の扱いは暴行,強圧に満ちており,退院後この現実を社会に訴えようと思い,05年から手記を書きはじめた。これが08年に出版された《わが魂に会うまで》(1908)で,その後大いに版を重ねた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のビアーズの言及

【精神衛生】より

…このような狭義の精神衛生の実践はイギリスのコノリーJ.ConollyやドイツのジーモンH.Simonに受け継がれた。一方,精神保健の推進運動はアメリカで盛んであり,ビアーズはみずからの体験をもとに著書《わが魂に会うまで》(1908)を発行し,コネティカット精神衛生協会を設立した。A.マイヤーやW.ジェームズ,G.S.ホールらもこれを援助した。…

※「ビアーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ビアーズの関連キーワード秋月の乱スラブ音楽育英制度ロダン今村百八郎太田黒伴雄フェルサイト片岩熔岩リットン報告書大田黒伴雄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビアーズの関連情報