コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビジブルスピーチ ビジブルスピーチvisible speech

翻訳|visible speech

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビジブルスピーチ
visible speech

(1) 音声記号の一方式。視話 (法) ともいう。調音の位置や様式を象徴する新しい記号を字母的に用いる。 A.ベルがその著"Visible Speech" (1867) で説いたのが有名。 H.スウィートはそれを改良して「器官的記号」 organic notationと名づけた。 (2) 音声スペクトログラフによって音声を目に見えるように記録する方式。聾唖教育などに役立たせる目的でアメリカで開発されたが,むしろ音声学の研究に役立っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビジブルスピーチの関連キーワードソナグラム

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android