コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンB15 ビタミンビーじゅうご

1件 の用語解説(ビタミンB15の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ビタミンビーじゅうご【ビタミンB15

水溶性のビタミン様物質のひとつ。ビタミンEに似た抗酸化作用をもつビタミン様物質。ビール酵母、玄米、かぼちゃの種子、ごま、無精白の穀類などに多く含まれる。ビタミンBと名前につくが、ビタミンB群には属さず、ビタミンAビタミンEとともに摂取すると効果が増す。肝機能の維持・向上、解毒作用があるほか、細胞の寿命を延ばす、環境汚染物質から体を守る、疲労回復、肌の老化防止、免疫力の向上、がんや生活習慣病の予防・改善などの作用をもつと推察される。◇「バンガム酸」または「バンガミン酸」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビタミンB15の関連キーワードビタミンLビタミンCビタミンB複合体プロビタミン脂溶性ビタミン水溶性ビタミンビタミン様作用物質ビタミンK3ビタミンD過剰脂溶性ビタミン (fat soluble vitamins)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone