コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンB15 ビタミンビーじゅうご

1件 の用語解説(ビタミンB15の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ビタミンビーじゅうご【ビタミンB15

水溶性のビタミン様物質のひとつ。ビタミンEに似た抗酸化作用をもつビタミン様物質。ビール酵母、玄米、かぼちゃの種子、ごま、無精白の穀類などに多く含まれる。ビタミンBと名前につくが、ビタミンB群には属さず、ビタミンAビタミンEとともに摂取すると効果が増す。肝機能の維持・向上、解毒作用があるほか、細胞の寿命を延ばす、環境汚染物質から体を守る、疲労回復、肌の老化防止、免疫力の向上、がんや生活習慣病の予防・改善などの作用をもつと推察される。◇「バンガム酸」または「バンガミン酸」ともいう。

出典|講談社
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone