ビチュメン(英語表記)bitumen

翻訳|bitumen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビチュメン
bitumen

天然に産出するアスファルトに似た炭化水素混合物。アスファルトと同義に使われる場合もある。黒色または黒褐色の粘稠な物質で,高分子量の脂肪族,脂環族,芳香族炭化水素およびチオフェン化合物などから成り,バナジウムニッケルなどの重金属を含むことが多い。 API比重 15度。原油が地表に滲出して揮発分を失って産出する場合と,もともと重質の原油として存在する場合 (オイルサンド ) とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android