コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビッカーズ[会社] ビッカーズ

百科事典マイペディアの解説

ビッカーズ[会社]【ビッカーズ】

英国最大の重工業グループの中核会社。1828年E.ビッカーズが始めた鉄鋼所を前身とし,1867年Vickers Sons & Co.Ltd.となる。1897年武器製造のマキシム社(マクシム)を吸収。社名をVickers Sons & Maxim Ltd.とするが,1911年再びVickers Ltd.となる。造船,武器製造で発展し,1928年アームストロング社と共同でビッカーズ・アームストロング社を設立し,1939年にはその全株式を保有。第2次大戦後の1950年代と1960年代に鉄鋼部門が,1977年には造船,航空機部門が国有化された。1980年ロールス・ロイス社の自動車部門を買収したが,フォルクスワーゲン社に売却。1981年より現社名。現在は航空・船舶エンジン,防衛機器,タービンなどが中心。本社ロンドン。1999年12月,ロールス・ロイス社が買収。→ザハロフ
→関連項目アームストロング日本製鋼所[株]BAC[会社]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビッカーズ[会社]【Vickers P.L.C.(Public Limited Company)】

自動車,航空機,武器,印刷機械,事務機械などを製造するイギリス最大の重工業グループの中核。本社ロンドン。1828年ビッカーズEdward Vickersがシェフィールドで始めた鉄鋼所がその前身。67年にVickers Sons & Co.Ltd.となる。97年に海軍の造船所と武器製造工場,およびイギリスとスウェーデンの共同出資の武器製造会社Maxim Nordenfelt Guns & Ammunition Co.Ltd.を取得,社名をVickers Sons & Maxim Ltd.と改称した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のビッカーズ[会社]の言及

【シーメンス事件】より

…ドイツの軍需会社ジーメンスからの軍需品購入に際し,海軍当局は発注品代金の3.5%ないし15%をコミッションとして受け取っていた。また,極秘にイギリスのビッカーズ会社へも発注し25%のコミッションをとる契約をしていたため,ジーメンス会社がこれを知り,書類を盗み,それで海相斎藤実をゆすった。これによるジーメンス日本支社旧社員の書類窃盗,恐喝未遂事件にかかわるベルリンの裁判判決で,同社から日本海軍高官に贈賄したことを示す書類が示された。…

※「ビッカーズ[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ビッカーズ[会社]の関連キーワードフォルクスワーゲン[会社]

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android