ビッグ・チーフ ムーア(英語表記)Big Chief Moore

20世紀西洋人名事典「ビッグ・チーフ ムーア」の解説

ビッグ・チーフ ムーア
Big Chief Moore


1912.8.13 - 1983.12.15
米国のジャズ演奏家。
アリゾナ州サカトン近郊生まれ。
インディアン居住地区に生まれ、叔父からトロンボーンを教わる。1920年代から活動を始め、シカゴブラスバンドのバリトン奏者を経て、’35年にロサンジェルスでライオネル・ハンプトン楽団に参加する。ニューオリンズでの活動の後’44年にルイ・アームストロング楽団に加入する。50年代にはエディ・コンドン、サミー・プライス等と多彩な演奏活動を行っている。’64年にアームストロングと再び共演して日した。’81年に引退。代表作に「ハロー・ドーリー/ルイ・アームストロング」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android