コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビトキェビッチ Stanisław Ignacy Witkiewicz

大辞林 第三版の解説

ビトキェビッチ【Stanisław Ignacy Witkiewicz】

1885~1939) ポーランドの劇作家・小説家・画家。「純粋形式」や「破滅主義」といった立場から、前衛的な創作活動を展開した。戯曲「靴職人たち」、長編「非充足」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビトキェビッチ
びときぇびっち
Stanisaw Ignacy Witkiewicz
(1885―1939)

ポーランドの劇作家小説家。また、文芸理論家、哲学者、画家でもあった。ビトカツィのペンネームで知られる。父親の教育の下に幼時から詩や画に天才ぶりを発揮、クラクフの美術大学に学ぶ。有名な民族学者B・マリノフスキーとオーストラリア調査にも赴く。ロシア革命をペテルブルグで体験、1918年帰国してザコパネに住んだ。ポーランド前衛派の先駆者で、芸術における純粋形式フォルマリズムを唱え、ベケット、イヨネスコに先駆けて不条理劇を完成した。『狂人と尼僧』『母』など20数編に上る戯曲長編小説『秋に別れ』(1927)、『満たされざるもの』(1930)がある。芸術的絶頂にあって自殺。[吉上昭三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビトキェビッチの関連キーワードシュルツ(Bruno Shulz)ポーランド文学ポーランド史東欧演劇

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android