ビトキェビッチ(読み)びときぇびっち(英語表記)Stanisław Ignacy Witkiewicz

  • 1885―1939

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポーランドの劇作家、小説家。また、文芸理論家、哲学者、画家でもあった。ビトカツィのペンネームで知られる。父親の教育の下に幼時から詩や画に天才ぶりを発揮、クラクフの美術大学に学ぶ。有名な民族学者B・マリノフスキーとオーストラリア調査にも赴く。ロシア革命をペテルブルグで体験、1918年帰国してザコパネに住んだ。ポーランド前衛派の先駆者で、芸術における純粋形式フォルマリズムを唱え、ベケット、イヨネスコに先駆けて不条理劇を完成した。『狂人と尼僧』『母』など20数編に上る戯曲、長編小説『秋に別れ』(1927)、『満たされざるもの』(1930)がある。芸術的絶頂にあって自殺。

[吉上昭三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android