コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビャクシン(柏槇) ビャクシンJuniperus chinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビャクシン(柏槇)
ビャクシン
Juniperus chinensis

ヒノキ科の常緑低木であるがときには 15mもの高木になる。イブキともいう。東北地方南部以南の島や海岸,山地に自生するが,庭園や社寺の境内に栽植されることが多く,また盆栽としてもよく栽植される。小樹の枝は地をはうこともあるが,大きなものでは幹が直立し,多数分枝してうっそうと茂る。葉には小鱗片状で枝上に十字対生をなして密着する細紐状のものと,長針状で互生または3輪生するものとの2型がある。雌雄異株で,春に開花する。雄花は楕円形で鱗片内に2本のおしべがあり,雌花は紫緑色で厚質の鱗片を有する。園芸品種または変種が多く,シンパクカイヅカイブキなどは特によく知られている。なお,この植物をネズ属 Juniperusから独立させてビャクシン属 Sabinaとすることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビャクシン(柏槇)の関連キーワードJuniperusSabinaビャクシン属ヒノキ科

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android