ビョルン ボルグ(英語表記)Bjorn Borg

20世紀西洋人名事典の解説

ビョルン ボルグ
Bjorn Borg


1956.6.6 -
スウェーデンテニス選手。
ストックホルム近郊生まれ。
1975年全仏オープン優勝、翌’76年にはウィンブルドン大会シングルスで優勝。その後、ウィンブルドン大会は’76〜80年、全仏オープンは’78〜81年まで連覇する。’83年に現役引退。91年公式戦に復帰するが93年引退。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

ビョルン ボルグ
Bjorn Rune Borg


国籍
スウェーデン

専門
元・テニス選手

生年月日
1956/6/6

出生地
ソーデルテリエ

経歴
14歳で学校教育を離れ、テニスに専念。1972年プロデビュー。’74年イタリア、全仏両オープンを当時の最年少優勝者として制覇。’76〜80年全英オープン(ウィンブルドン大会)の男子シングルスで5連勝という偉業を達成、’80年大会の決勝ではマッケンローと4時間近いフルセットの“死闘”を演じた。また’78〜81年全仏でも4連勝(通算6勝)、’80年と’81年マスターズ優勝、デビスカップにもスウェーデン代表で出場し’79年と’80年に優勝。’79年と’80年世界ランキング1位。両手打ちで、ボールを激しくこすり上げるトップスピンの剛球が身上だった。’83年1月“闘争心を失った”として第一線より引退し、男性衣料品や香料会社を設立し実業界へ進出。その後もエキシビション試合に出場し、高額賞金を獲得する。’91年4月モンテカルロ・オープンで公式戦に復帰するが、’93年シニアツアーを引退。自伝に「我が人生と試合」(’80年)がある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

ビョルン ボルグ

生年月日:1956年6月6日
スウェーデンの元・テニス選手

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報