コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリヤンジ Viljandi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビリヤンジ
Viljandi

エストニア中部の都市。首都タリンの南南東約 120km,ビリヤンジ湖岸にある。 13世紀に起源をもつエストニアの古都の一つ。中世にはハンザ同盟に入る交易中心地であった。現在,乳製品,麻布,缶詰,家具などの製造や金属加工が主要産業。タリンと鉄道,ハイウェーで連絡。人口約2万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビリヤンジの関連キーワードエストニア

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android