コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビルイッタ Birgitta

世界大百科事典 第2版の解説

ビルイッタ【Birgitta】

1303ころ‐73
スウェーデンの聖女。列聖1391年,祝日は10月8日。スペインのサンチアゴ・デ・コンポステラに共に巡礼した夫の死(1344)後,少女時代からあった彼女の宗教的体験と,これに触発された活動が本格的になった。〈神の道具〉〈キリストの花嫁〉を自認して,国内では宮廷と騎士階級の浪費,聖職階級の世俗化を激しく攻撃,国際的にはアビニョンにあった教皇のローマ帰還を強く働きかけた。1350年以降はローマに滞在。20年後に自身の男女共同礼拝修道院を南スウェーデンのバーステーナに創設する許しをウルバヌス5世より得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビルイッタの関連キーワードサンチアゴ・デ・コンポステラヘイデンスタムウルバヌス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android