コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーラ・シバ派 ビーラ・シバはVīra-Śaiva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーラ・シバ派
ビーラ・シバは
Vīra-Śaiva

インドのヒンドゥー教の一派。この派の人々は,バラモンでも守り紐を持たず,首に掛けた小箱に入れたリンガ (性器) をかたどったものを持歩くので,リンガーヤト Liṅgāyatともいう。 12世紀中葉,南西インドに興ったもので,南方,特にカナラ地方に勢力がある。菜食,禁酒を守り,神殿を巡礼することを必要とはせず,また神像の礼拝は禁止されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のビーラ・シバ派の言及

【シバ派】より

…(5)ラセーシュバラ(水銀)Raseśvara派 この派によれば,水銀はシバ神とその妃との結合から生じた不老不死の霊薬であり,これを服用し,身体を水銀所成にし,ヨーガを修することで,人は生前解脱に達するという。(6)リンガーヤタLiṅgāyata派(別名ビーラ・シバ派Vīra‐śaiva) バサバBasava(12世紀)を開祖とし,とくにカルナータカ地方に広まった。シバ神の象徴であるリンガを常に携帯し,神の恩寵を重視し,カースト制度を否定し,偶像崇拝や巡礼など,外的な儀礼を廃止した。…

※「ビーラ・シバ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビーラ・シバ派の関連キーワードリンガーヤタ派インド哲学シバ派

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android