コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピコルナウイルス picornavirus

翻訳|picornavirus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピコルナウイルス
picornavirus

RNAをもつきわめて小さなウイルス群の総称。この群のウイルスは種類が多く,主として脊椎動物消化管に寄生するほかに,しばしば中枢神経を侵すエンテロウイルス群,もっぱら脊椎動物の鼻腔組織に寄生する ERCウイルス群に大別される。ウイルス粒子は球状で,直径は 20~30nm。被膜をもたない。エンテロウイルス群はさらに,ポリオウイルスエコーウイルスおよびコクサッキーウイルスに分けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピコルナウイルス
ぴこるなういるす
picornavirus

ピコルナウイルス科に属するウイルス群をいう。1本鎖RNA(リボ核酸)ウイルスで、直径約30ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)の正二十面体の粒子。その名のとおり小さな(pico)RNA(rna)の形をするウイルスである。ウイルスRNAは宿主(しゅくしゅ)(ウイルスの寄生対象となる生物)細胞の細胞質でmRNA(メッセンジャーRNA)として働く。カプシドタンパク質はVP1、VP2、VP3、VP4の4種類があり、ウイルスRNAを囲んでいる。カプシドタンパク質は、ウイルスの抗原性やウイルスの宿主細胞レセプター(受容体)の認識を担っている。
 ピコルナウイルス科は病原性、抗原性、宿主の違いにより、5属に分類する。
(1)エンテロウイルス属Enterovirus ポリオウイルス(1~3型)、コクサッキーA群ウイルス(1~24型)、コクサッキーB群ウイルス(1~6型)、エコーウイルス(1~34型)、エンテロウイルス(68~72型)。
(2)ライノウイルス属Rhinovirus ヒトライノウイルス、ウシライノウイルス。
(3)ヘパトウイルス属Hepatovirus A型肝炎ウイルス。
(4)カルジオウイルス属Cardiovirus EMC(encephalomycocarditis)ウイルス、メンゴウイルス。
(5)アフトウイルス属Aphthovirus FMD(手足口病)ウイルス。[曽根田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ピコルナウイルスの関連キーワードコックスサッキーウイルス伝染性肝炎ウイルスウイルス(医学)腸管系ウイルス肝炎ウイルスポリオHAV口蹄疫肝炎

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android