ピシンギーニャ(英語表記)Pixinguinha

世界大百科事典 第2版の解説

ピシンギーニャ【Pixinguinha】

1897‐1973
ブラジルの大衆音楽家,作曲家,フルートおよびテナー・サックス奏者。本名アルフレード・ダ・ローシャ・ビアナAlfredo da Rocha Viana。ブラジルの代表的民衆音楽であるショーロおよびサンバの演奏家,作曲家として不朽の業績を残した。13歳の頃からフルートを吹いてショーロを演奏,20歳の頃からサンバを作曲した。1919年,ブラジル・ポピュラー音楽の史上に名高い8人編成の楽団オイト・バトゥタスOito Batutasを結成,22年にはパリへも渡った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ピシンギーニャ
Pixinguinha


1897.4.23 - 1973.2.17
ブラジルのポピュラー作曲家,サックス奏者,フルート奏者。
リオ・デ・ジャネイロ生まれ。
本名Alfredo da〉 アルフレード・ダ〈Rocha Viana ローシャ・ビアナ。
13歳頃からフルートでショーロを演奏し、20歳の頃サンバを作曲する。1919年に8人編成のオイト・バトゥタスを結成し、’22年楽団を率いてパリへ渡る。’40年代半ばテナー・サックスに転向する。ブラジルの代表的な民衆音楽ショーロやサンバの演奏家、作曲家として不朽の業績を残した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android