コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピタパ PiTaPa

デジタル大辞泉の解説

ピタパ(PiTaPa)

《〈和〉Postpay IC for“Touch and Pay"の略》非接触型ICカードを用いた電車・バスの運賃精算システム。関西の私鉄・地下鉄・バスのほか、JR西日本イコカと共通する区域内で利用ができる。平成16年(2004)からサービス開始。商標名。→交通系ICカード
[補説]平成25年(2013)3月、北海道圏のキタカ、首都圏のスイカパスモ、名古屋圏のトイカマナカ、近畿圏のイコカピタパ、九州圏のスゴカニモカはやかけんの全国10カードが相互利用サービスを開始。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ピタパ

専用機に触れるだけで、運賃や買い物の決済を一括後払いできるICカード。04年8月、阪急電鉄京阪電気鉄道能勢電鉄がサービスを開始した。電車やバスを一定額利用すると割引になるほか、買い物金額に応じて毎月の運賃支払額から差し引くサービスもある。現在、全国約3600の店舗で買い物が可能で、会員数は約25万人。

(2006-03-07 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ピタパの関連キーワードICカード乗車券ニカラグア[湖]Jスルーカードマナグア[湖]ニカラグア湖Suicaマナグア湖ICOCAPASMO

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピタパの関連情報