コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピタパ ピタパ PiTaPa

2件 の用語解説(ピタパの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ピタパ(PiTaPa)

《〈和〉Postpay IC for“Touch and Pay"の略》非接触型ICカードを用いた電車・バスの運賃精算システム。関西の私鉄・地下鉄・バスのほか、JR西日本のイコカと共通する区域内で利用ができる。平成16年(2004)からサービス開始。商標名。→交通系ICカード
[補説]平成25年(2013)3月、北海道圏のキタカ、首都圏のスイカパスモ、名古屋圏のトイカマナカ、近畿圏のイコカピタパ、九州圏のスゴカニモカはやかけんの全国10カードが相互利用サービスを開始。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ピタパ

専用機に触れるだけで、運賃や買い物の決済を一括後払いできるICカード。04年8月、阪急電鉄京阪電気鉄道能勢電鉄がサービスを開始した。電車やバスを一定額利用すると割引になるほか、買い物金額に応じて毎月の運賃支払額から差し引くサービスもある。現在、全国約3600の店舗で買い物が可能で、会員数は約25万人。

(2006-03-07 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピタパの関連キーワードカスタムIC差分方程式ティーバックアクティブ型ICタグガリウム砒素ICTカードTドレスパッシブ型ICタグ非接触ICカードaromaバスソルト

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピタパの関連情報