ピッコロミニ家(読み)ピッコロミニけ(英語表記)Piccolomini

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピッコロミニ家
ピッコロミニけ
Piccolomini

中世から近代にかけて栄えたシエナのイタリア名門貴族の家系教皇派 (グェルフィ) に属した。中世に大規模な商業活動で家名をあげ,近代には著名な人物が輩出した。エネア・シルビオは教皇ピウス2世 (在位 1458~64) ,フランチェスコ・トデスキニはピウス3世 (在位 1503) となり,またアレッサンドロ (08~78) は劇作家詩人として活躍,フランチェスコ (20~1604) はパドバ大学哲学教授をつとめ,オッタビオ (ピッコロミニ ) は三十年戦争で A.ワレンシュタイン軍の勇猛な将軍として活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android