コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピナツボ山 ピナツボさんMount Pinatubo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピナツボ山
ピナツボさん
Mount Pinatubo

フィリピンルソン島西部,マニラ北西約 90kmにある火山。標高 1460m。1991年6月,600年ぶりに噴火,同月 12日に大噴火を起こし,大規模な火砕流が発生した。噴煙は高度 30km以上に達し,噴出物の総量は約 10km3と推定され,20世紀最大級の火山噴火といわれる。大噴火の 2ヵ月前から小規模噴火などの火山活動が活発になっていた。大噴火による火山灰のため 10万人以上が家を失い,約 300人が死亡した。また,アメリカ空軍のクラーク基地が使用不能となりフィリピンに返還された。噴火は 6月16日以降沈静化したが,山頂には直径約 2kmの火口が開き,溶岩円頂丘が形成された。その後水蒸気爆発によって崩壊。翌 1992年8月に再び噴火を起こし,72人が死亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピナツボ山の関連キーワードパンパンガ州ビショップ環世界の活火山アンヘレスアエタ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android