ピニャテル(英語表記)Pignatel, Victor Leopold

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ピニャテル Pignatel, Victor Leopold

1846-1922 フランスの商人。
1846年8月17日生まれ。文久元年(1861)父とともに来日。長崎の出島で洋品貿易商をいとなむ。明治3年父の死後,家業をつぎ成功した。大正11年1月30日長崎で死去。75歳。リヨン出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ピニャテル

没年:大正11.1.30(1922)
生年:1846.8.17
幕末明治期に来日したフランス人貿易商。フランスのリヨン生まれ。1848年革命を避けて一家をあげて母の故国ロンドンに移住。文久1(1861)年父と共に長崎に来日,出島町5番地に住み洋品貿易商を営む。明治3(1870)年父の没後,家業を継ぐ。50歳まで未婚で過ごしたが,のち丸山の遊女まさきを愛人として迎える。3年後まさきと死別,愛惜孤独の生活を送った。この生活心情を知った斎藤茂吉はピニャテルにあい,歌集『つゆぐも』に「うら悲しゆふべなれどもピナテールが寝所おもひて心なごまん」ほか一連の短歌を発表,これによってピニャテルの名は有名となる。長崎で没した。<参考文献>平野豊「ピナテール」(『らーめる』1982年2号)

(越中哲也)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android